建築のトラブルの例

建築のトラブルの例

こんなことになる前に・・・やはり大切です、敷地環境調査。

敷地環境調査をおろそかにしていたために、住まいづくりで失敗してしまった!そんな例をよく耳にします。
住まいは、人生で最も高い“買い物”のひとつであり、長年にわたって暮らしの舞台となる存在です。
ムダな費用や時間をかけずに暮らしやすい住まいを実現する第一歩として、
私たちはまず、敷地環境調査を行うことをおすすめしています。

case01 日当たりで失敗!

居間など、日差しが欲しいところが真っ暗。
せっかくの新築が、ジメジメした家に。

わが家の新築を思い立ったAさん。「次は広い家に」と、敷地いっぱいまで使ったプランにしました。ですが、プランニングの際、敷地を有効活用することばかりに気を取られ、南側に3階建てのお隣があることはすっかり忘れていました。

いざ、完成して入居したAさんは愕然としました。居間や居室など、日差しが欲しい場所に全くといっていいほど、日が当たらなかったのです。風呂場やトイレなどの水回りにいたっては、日当たりだけでなく風通しも悪く、ジメジメとした雰囲気の家になってしまいました。環境調査で、あらかじめ日照りや風通しを確認しておけば防げた問題でした。

より快適な住環境のために、こんな調査を行います

case01 日当たりで失敗!

斜線規制で、3階建ては大幅見直し。
それまで進めていた計画が“水の泡”に。

「二世帯住宅にするので、こんど建てるなら絶対に3階建て」と思い込んでいたBさん。実際、道を隔てた向こう側には3階の二世帯住宅が建っていて、わが家も当然建てられるもの、と信じて設計や資金計画を進めていました。

ある日、市役所で確認したところ、Bさんの敷地は斜線規制があるために3階建ての建設は非常に難しいことが明らかに。せっかく進めてきた設計は全面見直しのため、あと3ヶ月程度は時間がかかることに。暮らしのプランや新築後のスケジュールも大幅に狂ってしまいました。敷地調査で法関連の規制をしっかりチェックしておけば防げた問題でした。

法規制について、こんな調査を行います

case01 日当たりで失敗!

境界杭が抜けていたために境界線の問題に。
お隣とのトラブルにまで発展。

「いま駐車場として使っている一角に、息子夫婦の新居を」と、新築を計画したCさん。その駐車スペースはお隣と隣接した土地で、長い間、お互いの暗黙の了解で使っていた土地でした。ですから当然、家が建てられるものと思っていたのですが・・・。

駐車場として使っていた土地は、境界杭が抜けていたため、境界線が曖昧になっていました。このため、Cさんとお隣とで境界線の意見が食い違い、敷地問題でお隣とのトラブルにまで発展。息子夫婦のために家を建てるどころではなくなってしまいました。敷地調査で測量をして、Cさんの所有地をしっかりと確定しておけば防げた問題でした。

境界線などについて、こんな調査を行います

case01 日当たりで失敗!

弱い地盤の改良に100万円単位で出費。
資金プランが狂い、設備を見直すことに。

親から譲り受けた土地にわが家を計画したDさん。初めてのマイホームに意気込むDさんは、間取りのプランニングや壁材、床材、などの選定に没頭していました。譲り受けた土地は川に近い傾斜地で、石がゴロゴロしてるな、とは思っていたのですが・・・。

Dさんの建設予定地は川に近かったため砂や砂利が多く、そのままでは地震にとても弱いことが分かりました。その改良工事に加え、傾斜地のため擁壁の工事も必要となり、この時点ですでに百万円単位の出費に。そのため、予定していた設備をあきらめるなど、プラン変更を余議なくされました。地盤調査をしておけば、あらかじめ予知できた問題でした。

地盤について、こんな調査を行います

こんなことになる前に・・・やはり大切です、敷地環境調査。

敷地環境調査をおろそかにしていたために、住まいづくりで失敗してしまった!そんな例をよく耳にします。
住まいは、人生で最も高い“買い物”のひとつであり、長年にわたって暮らしの舞台となる存在です。
ムダな費用や時間をかけずに暮らしやすい住まいを実現する第一歩として、私たちはまず、敷地環境調査を行うことをおすすめしています。

case01 日当たりで失敗!

居間など、日差しが欲しいところが真っ暗。せっかくの新築が、ジメジメした家に。

わが家の新築を思い立ったAさん。「次は広い家に」と、敷地いっぱいまで使ったプランにしました。ですが、プランニングの際、敷地を有効活用することばかりに気を取られ、南側に3階建てのお隣があることはすっかり忘れていました。

いざ、完成して入居したAさんは愕然としました。居間や居室など、日差しが欲しい場所に全くといっていいほど、日が当たらなかったのです。風呂場やトイレなどの水回りにいたっては、日当たりだけでなく風通しも悪く、ジメジメとした雰囲気の家になってしまいました。環境調査で、あらかじめ日照りや風通しを確認しておけば防げた問題でした。

case01 日当たりで失敗!

斜線規制で、3階建ては大幅見直し。
それまで進めていた計画が“水の泡”に。

「二世帯住宅にするので、こんど建てるなら絶対に3階建て」と思い込んでいたBさん。実際、道を隔てた向こう側には3階の二世帯住宅が建っていて、わが家も当然建てられるもの、と信じて設計や資金計画を進めていました。

ある日、市役所で確認したところ、Bさんの敷地は斜線規制があるために3階建ての建設は非常に難しいことが明らかに。せっかく進めてきた設計は全面見直しのため、あと3ヶ月程度は時間がかかることに。暮らしのプランや新築後のスケジュールも大幅に狂ってしまいました。敷地調査で法関連の規制をしっかりチェックしておけば防げた問題でした。

case01 日当たりで失敗!

境界杭が抜けていたために境界線の問題に。
お隣とのトラブルにまで発展。

「いま駐車場として使っている一角に、息子夫婦の新居を」と、新築を計画したCさん。その駐車スペースはお隣と隣接した土地で、長い間、お互いの暗黙の了解で使っていた土地でした。ですから当然、家が建てられるものと思っていたのですが・・・。

駐車場として使っていた土地は、境界杭が抜けていたため、境界線が曖昧になっていました。このため、Cさんとお隣とで境界線の意見が食い違い、敷地問題でお隣とのトラブルにまで発展。息子夫婦のために家を建てるどころではなくなってしまいました。敷地調査で測量をして、Cさんの所有地をしっかりと確定しておけば防げた問題でした。

case01 日当たりで失敗!

弱い地盤の改良に100万円単位で出費。
資金プランが狂い、設備を見直すことに。

親から譲り受けた土地にわが家を計画したDさん。初めてのマイホームに意気込むDさんは、間取りのプランニングや壁材、床材、などの選定に没頭していました。譲り受けた土地は川に近い傾斜地で、石がゴロゴロしてるな、とは思っていたのですが・・・。

Dさんの建設予定地は川に近かったため砂や砂利が多く、そのままでは地震にとても弱いことが分かりました。その改良工事に加え、傾斜地のため擁壁の工事も必要となり、この時点ですでに百万円単位の出費に。そのため、予定していた設備をあきらめるなど、プラン変更を余議なくされました。地盤調査をしておけば、あらかじめ予知できた問題でした。

資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせはこちら

PAGE TOP