女性が主役の子育て住宅、KuLaLa(クララ)|子育て住宅商品「KuLaLa(クララ)」とは|ウィザースホームの住宅商品

Background of KuLaLa

女性が輝く住まいのヒントは、何よりも家族を愛する現役主婦の皆さまの「声」にありました。

家事や子育て、仕事にも一生懸命な女性にとって
毎日「いくら時間があっても足りない」というのが現実ではないでしょうか。
そんな女性の負担を少しでも軽くして、もっと自分らしい素敵な時間をエンジョイしてほしい・・・。
「KuLaLa」は、ウィザースホーム女性開発スタッフの純粋な思いをカタチにした
「女性の目線」から生まれたアイデアと工夫がいっぱいの住まいです。

頑張る女性の「声」に応える、KuLaLaの「こだわり」

自分の時間をつくりたい

●自分の時間をつくりたい

伺ったご意見では、一日の中で家事に費やされる時間は2時間~3時間半と答える方が最も多く、そこに子育てや仕事が加わっていくと自分のために使える時間はごく僅かという現実が見えてきました。そこで「KuLaLa」では、家事にかかる時間を少しでも短縮することで女性が自由に使える時間が持てるよう、家事の効率化にこだわりました。自分の時間を持つことは、自分らしさを取り戻すこと。女性がいつでも輝けるように、住まいから応援します。

詳しく見る
子どもにもっと目を配りたい

●子どもにもっと目を配りたい

お子さまとのコミュニケーションについて、8割以上の方が「取れる」と感じています。しかし、その一方、家の中で子育てをしていて「ヒヤッとしたことがある」と答えた方も7割近くいらっしゃいました。そんな不安を解消するために、「KuLaLa」では、自然なふれあいを育みながらお子さまをさりげなく見守るための工夫にこだわりました。成長するごとに変化していく親と子の理想的な距離感を保ちながら、お子さまが安心してのびのびと暮らしていける住環境を実現します。

詳しく見る
いつも片付いている家にしたい

●いつも片付いている家にしたい

家の中で「なかなか片付かない場所」としてもっとも解答の多かったのが、LDKとサニタリー。「本当はいつでもキレイにしていたいけど、子どもがいたり仕事を持っているとなかなか・・・」というのが現実のようです。「KuLaLa」では、LDKやサニタリーをはじめ、子ども部屋や玄関にいたるまで、その場所で使うモノと量を想定し使い勝手に配慮した収納計画にこだわりました。出し入れしやすく使いやすい収納は、いつでもスッキリと片付いた住まいを叶えてくれます。

詳しく見る

女性の「あったらいいな」をカタチにしていきました。

「KuLaLa」では商品開発の段階から「女性の目線」を取り入れるために、子育て真っ最中の現役主婦の皆さまにインタビューやアンケートを行い、たくさんの声を伺いました。その、包み隠さないホンネの数々から見えてきたものは、家族のこと、お子さまのこと、そしてご自身の毎日のことを考えた、女性ならではの住まいに対する夢や希望の数々でした。

資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせはこちら

PAGE TOP