自然の力を活かして、エコで快適な暮らしをデザイン。

陽射しや風を自在にコントロールする住まいづくりの工夫。

年間を通して快適な暮らしを実現するためには、日本の四季の変化に合わせた工夫が必要です。たとえば、「夏は陽射しを遮り、室内の熱い空気を外に逃がす」、「冬は陽射しを採り込んで暖房エネルギーを減らし、室内の空気を循環させる」など。さらに陽射しや風が心地よい季節は、窓を開け放ち、自然の恵みを住まいに採り入れれば、快適さや暮らし心地も高まります。そこで「ソライエ・ゼロ」は、通風や採光、日射熱を考慮した心地よい空間デザインをご提案しています。自然の光・熱・風を最大限に活かし、機器などを用いることなく快適な暮らしを実現する、「涼風温熱設計」も大きな特色のひとつです。

季節に応じて採光や温熱環境を考えた「日射計画」

「ソライエ・ゼロ」は夏も冬も多くの光を採り込み、均一な明るさの室内環境をつくることを考慮しています。そのため、季節によって変化する日射角度を計算して軒の長さを考えるとともに、反射率の高い内装材を用いることで部屋の奥まで光を導きます。さらに、夏は西や南の陽射しを遮って涼しい室内環境を創造。冬は南からの暖かい陽射しで、室内に陽だまりが生まれるように設計しています。

「日射計画」イメージ
「日射計画」イメージ
「日射計画」イメージ

自然の風の流れを読み、換気を考慮した「通風計画」

一年を通じて快適に暮らすために、夏は室内の熱を逃がして涼しい風の通り道をつくったり、冬はカビやウイルス対策のため適切な湿度環境をつくることが大事です。そのため風向きに配慮して窓をレイアウトしたり、頂側窓やトップライトを設置。吹き抜けにはシーリングファンを設けたり、意識してウインドキャッチャーをデザインに採用して、風が流れる平面・断面計画をご提案しています。

「通風計画」イメージ
「通風計画」イメージ
「通風計画」イメージ
PAGE TOP