究極のLCC

「ソライエ・ゼロ」は、ウィザースホームが考える“ 究極のL C C”を実現する住まいです。「エネルギー収支ゼロ」を掲げるZEHとは、いわばライフサイクルコストを構成する要素のひとつである「エネルギーコスト」に特化した住まい。ウィザースホームはこれまでも、お客様がより永く、安心して快適に暮らしていただけるように、
イニシャルコストやランニングコストなど、LCCをしっかりと見据えた住まいづくりをご提案してきました。
つまり「ソライエ・ゼロ」は、ウィザースホームが考えるLCCをさらに高水準へと導いた、“究極のLCC”を実現する住まいなのです。

ライフサイクルコストは大きな氷山のようなもの

LCC[ライフサイクルコスト]とは、建築費など最初に必要な「イニシャルコスト」、実際に暮らしはじめてからかかる光熱費などの「エネルギーコスト」、そして、保守や修繕に必要な「メンテナンスコスト」で構成される費用のこと。
住まいづくりの段階では、目に見える建築費などを重視してしまいがちですが、実のところそれは大きな氷山の一角です。
むしろ、住みはじめてからのランニングコストのほうが、思った以上にかさんでしまうものです。

LCCについて詳しく見る
ライフサイクルコストは大きな氷山のようなもの

エネルギー収支ゼロを実現する「ソライエ・ゼロ」

暮らしのエネルギーを「超・高断熱」「省エネ設備」「創エネ設備」でゼロにし、冷暖房と住宅設備の光熱費をプラス収支にすることも実現可能。

左:年間一次エネルギー消費量[初年度] 右:年間光熱費(冷暖房+住宅設備)[初年度]

ランニングコストを大幅に削減可能な「ソライエ・ゼロ」

これまでの住宅と比べて、光熱費・水道費・外装材メンテナンス費など、住まいのランニングコストを大幅に削減。

住まいのランニングコストの比較グラフ(35年間)
PAGE TOP