片付く収納の家「MONOプレイス」|ご家族の将来を見据えて機能的な収納をご提案するウィザースホーム「MONOプレイス」

「しまえる」は、「スマイル」。自由設計だから叶えられる、ずっとキレイに暮らせるマイホーム。

家族の生活パターンを考える。
朝起きてから就寝するまで家族一人ひとりの生活パターンをシミュレーションし、スムーズに行動できる間取りを考えましょう。これが、収納スペースを決めるベースにもなります。
収納をつくりやすい間取りにする。
間取りを決める段階で、特に収納を意識しておきたい部屋があります。スッキリと片付く空間になるよう事前に対策を考えておきましょう。
リビング
まず、テレビやソファなど家具のレイアウトを決めて、それに合わせた収納スペースを確保しましょう。
キッチン
シンク、コンロ、冷蔵庫、家電収納、食器棚の間は3~4歩で移動できるようにプランニングしましょう。
洗 面 所
洗面脱衣室を兼ねる場合は、部屋のスペースを1坪以上に広げて収納スペースを確保する必要があります。
主 寝 室
ウォークインクローゼットをつくる場合は、ドアの位置によってハンガーパイプの付け方が変わり収納量も増減します。
要所に壁を確保しておく。
収納スペースがとれない場合は、置き家具で対応できるように壁を確保しましょう。リビング・ダイニングでは窓下に家具が置けるよう窓の高さに注意。主寝室には、タンスやチェストが置ける幅を確保しましょう。

point1 整理:収納の「量」を把握する
あるデータによると、家にあるモノの稼働率は平均2割。たくさんストックしている割に、日頃使っているモノはごくわずかなのです。スッキリと片付いた暮らしを実現するためには、間取りを考える前にまず家にあるモノをすべて出して、「使っているモノ」と「使っていないモノ」に分けること。そうすればどれだけの収納量が必要か把握できます。
point2 収納:収納の「場所」を決める
使いやすく片付けやすい収納のポイントは、「適材適所」に設けること。いくら収納率が高くても、使いにくい場所にあっては有効的な収納とはいえません。また、新しい家になったからといって、生活習慣まで変わることはそうありません。これまで下着やハンカチを洗面所に収納していれば、新しい家でも同じ場所にしまえるように考えましょう。
point3 維持:収納の「カタチ」を決める
収納にとって“面倒くさい”はいちばんの大敵。しまうことにストレスを感じると、家族はどうしても片付けを怠るようになってきます。身体に負担がかからず楽に出し入れできるように、頻繁に使うモノほど「腰から胸の高さ」に収納位置を設けましょう。また、2重3重の動作を強いるのも禁物。ワンアクションで収納できるカタチが理想です。

MONOプレイスTOPに戻る

資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせはこちら

PAGE TOP