片付く収納の家「MONOプレイス」|ご家族の将来を見据えて機能的な収納をご提案するウィザースホーム「MONOプレイス」

納戸/MONOピット/小屋裏収納納戸/MONOピット/小屋裏収納

Point1:大型収納スペースは、棚を設けて使いやすく。/Point2:可動棚で、空間をタテに活かす。/Point3:季節用品・衣類の収納は、大きな収納スペースを有効活用。
Point 1
大型収納スペースは、棚を設けて使いやすく。
Point 2
可動棚で、空間をタテに活かす。
Point 3
季節用品・衣類の収納は、大きな収納スペースを有効活用。

納戸

Storeroom 納戸

季節ごとに出し入れする家電や来客用の寝具、節句などの飾り物など大きなモノを収納するには、ある程度のスペースを確保し、可動棚で空間を有効に活用しましょう。

壁面を活用し、収納するモノのサイズに合わせて、
奥行きや幅を考慮した収納棚を計画しましょう。

季節用品の収納には、奥行き60cmのサイズが有効。重たいモノは下に収納し、衣装ケースや段ボールなどは、収納物を明記したラベルを貼っておくと便利です。床面は、出し入れのためのスペースを確保しておきたいものです。

納戸

左:使用アイテム〈フリースタイルクローゼット〉/右:使用アイテム〈マルチ可動棚A〉

モノに応じて、棚の奥行きに差をつける。棚板はタテに仕切って、指定席をつくる。サイズに合わせて、棚板を上手に調整。

MONOピット

MONO Pit MONOピット

MONOピットとは、天井高を1.4m以内※に抑えることで、床面積に算入されずに確保できる大型収納スペースのことです。
天井が低いので、出し入れのためにはキャスター付きの台車を入れておくと便利。ボーナススペースとして有効に活用しましょう。

※市区町村により、床面積に算入される場合もあります。

フロアをずらすことによって生まれる広い収納スペース。
広さに甘えて無計画は禁物。必要な時に取り出しやすい収納計画を。

大きな収納スペースは、奥行きを深く取りすぎると奥にいれたモノが取り出しにくくなってしまいます。間仕切り壁を設けてマルチ可動棚で棚板を調節し、しまいやすく取り出しやすい空間にするとキレイに収納できます。

MONOピット

左:使用アイテム〈マルチ可動棚A〉広い空間に棚をプラスモノの迷子をなくす/右:使用アイテム〈ベンチファニチャー〉

ベンチファニチャーで、思い出のモノを大切に保管する。マルチ可動棚で、収納しやすい空間づくりを。水平移動で重いモノでも収納が容易。

小屋裏収納

Cabin Storage 小屋裏収納

あまり使われない屋根裏を収納スペースとして活用することができます。
固定階段※を設ける方法と、階段スペースのいらないハシゴタイプでの利用も可能です。

※固定階段は市町村により階数に加算される場合があります。

広いスペースが確保できるので季節用品のストックに最適。

ハシゴタイプの場合は、日用品の収納には適さないので、使用頻度の少ない季節のモノや、親から受け継いだ思い出のモノなどの収納に活用しましょう。

使用アイテム〈フリースタイルクローゼット〉

ロフトの下にビッグクローゼット

子供室にロフトを設けるならその下はクローゼットに活用。

お子様に喜ばれるロフト。空間をタテに活かす方法のひとつです。その場合は、ロフトの下を大きなクローゼットとして活用できます。システム収納で細かく仕切り、有効に活用しましょう。 使用アイテム〈フリースタイルクローゼット〉

屋根裏は、補助的な収納として考える。モノに合わせて、きちんと仕切る。重いモノの収納は控える。

資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせはこちら

PAGE TOP