技術と性能|耐震性

技術と性能Tequnique & Performance

耐震性

万一に備えたゆるぎない強さを。

地震大国の住まいに
必要なのは、“本物の強さ”。

地震や台風など大きな力を
建物全体でバランス良く受けとめ、分散させる
強靭な構造で家族と財産を守ります。

地震大国の住まいに必要なのは、“本物の強さ”。

大地震にも揺るがない木へのこだわり。

2×6(ツーバイシックス)材と2×4(ツーバイフォー)材
曲げ強度は従来の約2.5倍、圧縮強度は約1.6倍に

ウィザースホームは、外壁の枠組に骨太な2×6材を使用するツーバイシックス工法の住まいです。これにより、曲げ強度は2×4材の約2.5倍、圧縮強度は約1.6倍を確保しています。壁も厚く、堅牢で耐久性の高い住まいづくりを実現しています。

2×6(ツーバイシックス)材と2×4(ツーバイフォー)材

曲げ強度約2.5倍、圧縮強度約1.6倍

耐震等級3相当を実現

ウィザースホームは、国土交通省が定めた「住宅性能表示制度における耐震性能」による耐震等級3相当を実現しています。建築基準法で定められた耐震性の1.5倍の構造強度で末永い安心をお届けします。

※地域やプランによっては耐震等級3 相当とならない場合がございます。

住宅性能表示制度における耐震等級
等級 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)
3 極めて稀に(数百年に1度程度)発生する地震による力の1.5倍の力に対して倒壊、崩壊等しない程度
2 極めて稀に(数百年に1度程度)発生する地震による力の1.25倍の力に対して倒壊、崩壊等しない程度
1 極めて稀に(数百年に1度程度)発生する地震による力に対して倒壊、崩壊等しない程度

耐震性に優れた強靭な構造。

モノコック構造
地震に強い6面体の「モノコック構造」

ツーバイシックス工法(枠組壁工法)は、床・壁・天井を“面”で囲んだ強靭な「モノコック構造」。6面体の強固な建物が、地震や台風などの外力を建物全体でしっかりと受け止めます。また、力を一点に集中させず効率的に分散するので、変形に強く優れた耐震性を発揮します。

モノコック構造

一般的な軸組工法/ツーバイシックス工法
面材と枠組材を一体化した「ダイヤフラム」

モノコック構造のそれぞれの面は、面材と枠組材を一体化させた「ダイヤフラム」と呼ばれる強固な立体構造。床を形成する水平ダイヤフラムは、高い剛性によりねじれを解消し、壁を形成する垂直ダイヤフラムは、外力を各所へ分散し建物の変形や倒壊を防ぎます。

一般的な床面:一般的な床面は面材だけで構成されるため、ねじれが生じやすい。 ツーバイシックス工法の床面:面材と枠組とが一体化したダイヤフラムはねじれやゆがみが発生しにくい。 一般的な軸組工法の壁面:力が特定の箇所に集中し、変形などを誘発する。 ツーバイシックス工法の壁面:特定の箇所に過大な力が集中することがなく、建物の変形を防ぐ。

“受け止める”ことが強さの秘訣。

壁倍率5.0倍の「壁構造」

壁倍率5.0倍の
「壁構造」

壁倍率とは、建築基準法で定められた耐力壁の強さのこと。ウィザースホームでは、外側に厚さ9mmの構造用パーティクルボードを規定の釘ピッチで打ち付け、内側に石膏ボードを張り合わせることで耐力壁の強度を高めています。これにより、壁倍率で最高倍率の5.0倍を実現しています。

壁倍率5.0倍の「壁構造」

高性能構造材「I 型ジョイスト」

高性能構造材
「I 型ジョイスト」

床根太の部材として「I型ジョイスト」を採用。剛性が高く軽量ながら収縮やねじれ、割れなど心配がありません。その優れた耐久性と高強度により、2階床のゆがみやたるみを抑え、建物をしっかりと支えます。オープンな間取りを創るのにも適しているため、高強度で個性的な住まいを実現します。
※間取り等により部材が変更になる場合がございます。

高性能構造材「I 型ジョイスト」

開口部の耐久性を高める「エンジニアリングウッド」

開口部の耐久性を高める
「エンジニアリングウッド」

品質にバラツキのある無垢材に比べ、安定した強度を確保することができる構造用集成材「エンジニアリングウッド」を、より強度が必要な開口部の上部に採用しています。経年変化による反りがなく、上部からの垂直荷重をしっかり受け止めることで、ドアや窓の開閉がいつまでもスムーズです。

開口部の耐久性を高める「エンジニアリングウッド」

OPTIONツーバイシックス工法との相乗効果で、
揺れを最小限に抑える制震装置「J-ECSS」
J-ECSS

耐震性に優れたツーバイシックス工法をさらに地震に強い住まいにするために、ウィザースホームでは、オリジナルの制震装置「J-ECSS(ジェイ・エックス)」を開発しました。構造躯体に組み込まれた「J-ECSS」は、特殊な粘弾性ダンパーで揺れのエネルギーを熱エネルギーに転換して吸収、空気中に放散します。震度7の揺れを想定した実験でも、「J-ECSS」を装着した場合、一般的な耐震住宅に比べ揺れの衝撃をほぼ半減することが実証されています。

強固な住まいの“要”である基礎と地盤。

強固な住まいの“要”である基礎と地盤。
高強度で耐震性に優れた「スラブ一体ベタ基礎」

建物を支える堅牢な基礎には、土台の断面欠損が最小限に抑えられるマークアンカーボルトや、基礎と壁を緊結するホールダウン金物を採用しています。

高強度で耐震性に優れた
「スラブ一体ベタ基礎」

基礎の底部全面に鉄筋コンクリートを施した「スラブ一体ベタ基礎」を採用。建物の荷重を面で支えるため、軟弱地盤にも適した耐震性の高い基礎構造です。さらに、湿気対策や安定性・耐久性を高めるために、基礎高を住宅金融支援機構の仕様を上回る410mmとし、基礎の立ち上がり幅も基準値よりも30mm厚い150mmとしています。

高強度で耐震性に優れた「スラブ一体ベタ基礎」

建物を支える堅牢な基礎には、土台の断面欠損が最小限に抑えられるマークアンカーボルトや、基礎と壁を緊結するホールダウン金物を採用しています。

信頼をお届けする「地盤調査」

宅地の地盤調査に実績のあるスウェーデン式サウンディング試験を実施し、地盤の強度や地下水の水位を把握、地盤の状態を詳しく調べます。その結果は詳細な調査報告書としてまとめ、もし地耐力が不十分と判明した場合は最も適した地盤改良工事をご提案します。

地盤調査報告書
信頼をお届けする「地盤調査」
地盤の状況に合わせた最適な「地盤改良工事」

調査の結果、地盤に十分な耐力が得られないと判明した場合は、その対策として地盤改良工事をご提案いたします。表層改良、柱状改良、鋼管杭による補強など、それぞれの地盤状況に応じた補強を行い、建物を長期間支えることができる強度を確保します。

表層改良
表層改良
表面の土に固化材を入れて混合し、地盤の支持力を向上するもの。軟弱地層が地表から2m位までの場合に適しています。
柱状改良
柱状改良
土にセメントミルク(セメント系固化材と水を混ぜたもの)を混合攪拌して柱状にし、支持層まで届くようにしたもの。
鋼管杭
鋼管杭
小口径の鋼管杭を強固な支持地盤まで必要本数打ち込み、建物の荷重を支えます。
資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせはこちら

PAGE TOP