MENU

感震ブレーカー付分電盤

停電後の通電火災を防ぐ「感震ブレーカー付分電盤」

停電から復旧する際、再通電した電化製品から火災が起きるのを防ぐ設備が「感震ブレーカー付分電盤」です。

停電後の通電火災を防ぐ「感震ブレーカー付分電盤」

大震災で危険性が注目された「通電火災」

阪神淡路大震災や東日本大震災で発生し、注目された「通電火災」。地震等の災害による停電後、再通電した電化製品からの発火などが原因で起きる火災です。とくに阪神淡路大震災では、原因が特定できた建物火災の6割がこの通電火災によるものだったという、たいへん恐ろしい火災です。

通電火災の具体例と予防

通電火災の代表例は「電気ストーブやアイロンの電源が入ったまま再通電し、近くのものに引火」「電線、引き込み線、屋内配線が損傷した状態で通電し火花が発生」「分電盤、家電などの基盤が水濡れ、損傷して内部から発火」というもの。重大な被害につながる通電火災ですが、根本的な原因である「停電後の再通電」がコントロールできれば防げることがわかります。

通電火災のおおもとを断つ「感震ブレーカー付分電盤」

最も効果的な通電火災の予防は災害時の避難・外出の際にブレーカーを切ること。しかし、実際の災害時には焦りや急な移動などから、落ち着いてブレーカーを操作したり電気製品を確認したりすることが難しい場合も。人が確認するのではなく、地震を感知したら自動的に切れるブレーカー「感震ブレーカー付分電盤」 があれば安心です。

感震ブレーカーのしくみ

この分電盤に採用されている感震ブレーカーは、震度5強以上の地震を加速度センサーで感知、分電盤の主幹ブレーカー を強制遮断することで電源をストップします。

感震ブレーカーのしくみ

安全な避難のため3分間の通電を確保

また、夜間などの避難時の照明確保のため3分間の通電時間を設けているのもポイント。地震から3分後 の段階で「通電している」場合は3分後の時点で遮断、「通電していない(停電している)」場合は電力が復旧した時点で遮断します(即時遮断に設定変更可能)。

安全な避難のため3分間の通電を確保

「雷サージ」に対応する分電盤も

通電火災の原因となる電化製品故障を引き起こす現象には、「雷サージ」もあります。雷サージとは、雷によって一時的に発生する異常な過電圧や過電流のこと。この雷サージが電源線や通信線、電気・電子機器に直接・間接的に加わると、家に雷が落ちていなくても電気製品の故障が起きます。分電盤 「かみなりあんしんばん」は雷サージを避電器に流して家内部の電化製品を守ります。 雷サージの被害を受けやすいのはケーブルでつながれたパソコンやテレビなど。これらは総じて高額なため、雷サージへの対応はお財布的にも重要です。

「雷サージ」に対応する分電盤も

災害に備えるためのアイデアを
もっと見る!

太陽光発電システム×ハイブリッド蓄電 システム
太陽光発電システム×ハイブリッド蓄電 システム
ワイヤレス連動型火災報知器
ワイヤレス連動型火災報知器
V2H
V2H
アイデア一覧に戻る